診断前のご様子Beforeと、診断結果にもとづいてスタイリングをしたAfterの違いは一目瞭然。それぞれに似合う素材や着こなしによって、Afterはグッと好印象に。
お客様の声はこちら

ナチュラルタイプ

堅さより柔らかさより、粗さがお似合いなKさま(30代)

BEFORE

堅さがつまらない
オーソドックスなジャケット&パンツをきちんと着ると物足りない印象に。正統なスタイル、フォーマルなスタイル、シンプルなスタイルがそれだけでは決まりづらい。

AFTER01

ラフさがおしゃれ
麻シャツをラフに着崩したコーディネート。ルーズさもナチュラルタイプならおしゃれ感に繋がります。一癖二癖、素材、デザイン、小物に何かを加えることでおしゃれ感が増します。

AFTER02

く崩しても自然体
生地に粗さのあるボリューミーなストールをラフに巻いてかっこいい。ダメージジーンズのワークなテイストもお得意です。きちんとはくとつまらない印象、少し緩くはいたりしても、逆に良さが活かされます。


ご感想

ナチュラルタイプとの診断で、とても驚きましたが、実際にナチュラル仕様の服を着てみて、素材や着こなしによって印象がかなり変わってくることが身をもって理解できました。これからは、自信をもって「ばっちり決まる」格好をし、これまで見逃してきた自分の良さを深めていきたいと思います。

ウェーブタイプ

真面目、武骨よりマイルドがお似合いなKさま(60代)

BEFORE

粗さに押される
ゴワゴワ質感のワイルドジャケットの粗さに押され気味です。太めのストライプがマイルドな持ち味にはちょっと強く、ラフにはき崩すジーンズが粋にならず、重そうな印象に。

AFTER01

軽やかさがマッチ
甘さのあるギンガムチェック柄で、素材感が薄く軽快なシャツは、持ち味の軽やかさと調和して無理なく好印象を生みます。薄手パンツがマイルドな身体とマッチ、おしゃれ感へ。

AFTER02

ボディフィットがおしゃれ
ジャージ素材のソフト&細身のジャケットが優しい雰囲気を心地よく包みます。細身薄手のパンツがソフトな身体に無理なくフィットし、スタイルアップとイメージアップへ繋がります。


ご感想

Afterのコーディネートで若返りました。日頃は着心地と動き易さ重視で、あまり深く考えることなく服を選んでいますが、こうやってコーディネートしていただくと、見栄えに大きく差が出るのに驚きます。これからはいただいたアドバイスを活かして服を選んでいきたいと思います。

ストレートタイプ

甘さ、ルーズより正統派がお似合いなTさま(20代)

BEFORE

ルーズフィットがしまらない
ワークなネルシャツをラフサイズで着てもそれが粋にはなりません。ダボっと大きめジーンズがおしゃれにならずだらしない印象に。

AFTER01

きちんとで好印象
定番のシンプルポロシャツ&パンツ。その硬さで筋肉のハリを押さえ、シンプルさが余計な凹凸を作らず、筋肉のリッチさだけを活かします。

AFTER02

シンプルさがシック
シンプルなハリのあるシャツ&パンツをジャストサイズできちんと着用。そんなトラッドな装いがつまらなくも寂しくもなく大人シックな印象へ繋がります。


ご感想

自分は、ストレートタイプとの診断でした。きれいめベーシックをきちんと着ると良い!というアドバイス通り、実際着てみるととてもかっこよく着こなすことができました。これからの洋服選び、ファッションなど、とてもはかどりそうです!


最新BEFORE AFTERレポート

お客様の声

私に似合うかどうかを無視して、売りたい服を売ろうとしてくる店員に「私には似合わないのでいいです」ときっぱり言えるようになったのは、診断でいただいた自信によるものです。

診断後から、順次、手持ちの服をストレートからナチュラルへ入れ替えておりますが、似合う服を着るのはとても気分が良いものですね。

骨格診断と聞いて、骨格密度を測るの?と思っていました。診断を受けて、自分の好きな服と似合った服が間違っていない確認作業となりました。

そのほか、「自分にこんな魅力があったことに驚きです」「まずはワイシャツ選びがラクになります」「サイズの合わせ方で、見栄えがこんなにも違うとは」と言った声も多くいただいています。