3つのタイプ別、好印象を与える服

大人の定番だからトレンチコ−ト、流行っているからネルシャツ。
世の流れでご自身の「似合う」は決まらず、「誰にでも似合うアイテム」もありません。
3タイプ分けはあなたがトレンチが似合うのか、ネルシャツが似合うのか、その答えを導きます。

01 STRAIGHT Simple, Trad

筋肉質で厚みのある身体のストレートタイプ
シンプルなトラッドスタイルがお似合いです。

  • ビジネス Vゾーン

    《ビジネス Vゾーン》

    すっきりシャープに
    切り取る

  • ビジネス アウター

    《ビジネス アウター》

    肉感をハリでつつみ
    メリハリを整える

  • カジュアル アウター

    《カジュアル アウター》

    高品質で、シンプルシック
    に着こなす

骨の硬さを感じさせる身体に合うのは《ラフ・ワイルド》
筋肉質で厚みのある
身体に合うのは
《シンプル・トラッド》
  • パリッとアイロンの
    きいたシャツ

  • 厚みと硬さのある
    定番のポロシャツ

  • トラッド感満載
    アイビーストライプ
    柄のネクタイ

  • 硬さとハリある素材で
    立体的に作られたジャケット

  • 滑らか高品質
    センタープレスパンツ

  • カシミア100%の
    ストール

02 WAVE Soft, Mild

ソフトで緩やかな曲線を感じるウェーブタイプ、
装飾の多いマイルドなスタイルがお似合いです。

  • ビジネス Vゾーン

    《ビジネス Vゾーン》

    優しくソフトに飾る

  • ビジネス アウター

    《ビジネス アウター》

    ソフトな素材で軽やかに

  • カジュアル アウター

    《カジュアル アウター》

    曲線多様で甘く遊ぶ

緩やかな曲線を感じさせる身体に合うのは《ソフト・マイルド》
緩やかな曲線を感じさせる
身体に合うのは
《ソフト・マイルド》
  • 薄く細身の
    ブラウスシャツ

  • 短めボディフィット
    のTシャツ

  • 小さな柄の
    ネクタイ

  • 薄くコンパクト、
    装飾の多いショ-ト丈
    のパ-カ-

  • 軽めジャージ素材
    ボディフィットの
    ジャケット

  • 軽く柔らかい
    ストール

03 NATURAL Rough, Wild

骨の強さのあるスタイリッシュなナチュラルタイプ
ラフでワイルドなスタイルがお似合いです。

  • ビジネス Vゾーン

    《ビジネス Vゾーン》

    粗い素材、
    似合う織り感を活かす

  • ビジネス アウター

    《ビジネス アウター》

    粗さと長さでラフに
     

  • カジュアル アウター

    《カジュアル アウター》

    粗さと凹凸ある
    デザインでワイルドに

骨の硬さを感じさせる身体に合うのは《ラフ・ワイルド》
骨の硬さを感じさせる
身体に合うのは
《ラフ・ワイルド》
  • アウトドアな
    ネルシャツ

  • ゴワゴワ質感の
    ジャケット

  • ニット素材の
    ネクタイ

  • ワークテイストの
    カーゴパンツ

  • ザックリニット、
    丈長めのカ-ディガン

  • 粗さ・かさ高の
    ストール

Business Column スーツの基本

スーツは基本仕事着です。自身のおしゃれセンスの披露より、
相手に不快感を与えないルールを守ることが優先されます。

基本3ルール

  1. サイズの合ったものを着る
    • 肩に程良くフィット
    • お尻が隠れる辺りの着丈
    • ハ-フクッションのパンツ丈(裾幅細めはノ-クッション)
  2. ネクタイを正しく選び結ぶ

    よりカジュアルなのは
    〈素材〉ニット 〈柄〉ペイズリー、チェック
    よりビジネス向きは
    〈素材〉シルク
    〈柄〉ストライプ、小紋、ドット、ソリッド

    カジュアルネクタイ、ビジネス向きなネクタイ

  3. 適正な小物を選ぶ

    適正な小物

    ストレ-トチップの靴+表革のベルト
    同じ色で揃える

    ルールを守った上で「無理なく自身の持ち味と馴染む」素材感や柄を選ぶことが、不要な「おしゃれ感」(=悪目立ち)を与えることなく、卒ないおしゃれ感(=信頼感)を得られる術かと思います。

【タイプ別】骨格診断でのサイズ選びの注意点

ストレ-トタイプの方 大きめを選びがち
身体に厚みのあるストレートタイプ、肩に合わせれば胸がキツい。そこでつい胸に合わせ大きめサイズを選びがち。すると肩が落ちだらしない印象に。妥協策は多少胸がキツくても肩は落とさない。理想はオ-ダー。
ウェ-ブタイプの方 小さめを選びがち
身体に厚みの少ないウェーブタイプ、入るからとつい小さいサイズを選びがち。すると肩は合っても着丈が短く、窮屈感を与え子供っぽい印象に。妥協策は多少胸が空いても着丈はお尻が隠れる辺り。理想はオーダー。
ナチュラルタイプの方 個人差が大きい
ナチュラルタイプのNGは個々によって違ってきます。1例で肩幅。エッジの利いた肩は実際の幅以上に強調されます。肩幅のある方はパッドを薄めにするなど、引きで見たときの全身とのバランスに留意が必要です。
診断のご予約
  • 骨格診断PLUS・パーソナルカラーPLUS プロコース
  • メディア情報
    掲載誌・本などのご紹介
    メディア情報
  • お知らせ
    イベントなど最新情報
    お知らせ
  • 体験レポート
    診断の流れがよくわかる!
    体験レポート
  • 骨格診断の服
    骨格に合わせて作る
    骨格診断の服
  • BLOG 骨格診断のTIPSをブログで紹介!
  • BLOG for MEN 大人の男性の骨格診断ブログ
  • BOOK あなただけの「似合う服」に出会うための骨格診断
  • BOOK なぜ一流の人はみな「着こなし」にこだわるのか?
Contact
よくあるご質問
お問い合わせ
このページの先頭へ